ホーム > みんなのためのお口の健康豆知識 > 口腔機能の向上

みんなのためのお口の健康豆知識一覧へ

口腔機能の向上

「口腔機能の向上」で窒息死予防

2010年3月4日に厚生労働省の発表によると、2008年の死因で「不慮の事故死」は、「がん」「心疾患」「脳卒中」「肺炎」に次いで5番目に多かったです。その「不慮の事故死」の内訳は、食べ物を詰まらせる「窒息死」がトップで「交通事故死」を上回っています。

 

日本人の死因(2008年)

2010年3月4日 厚生労働省発表

第1位  がん 
第2位 心疾患 
第3位 脳卒中
第4位  肺炎 
第5位  不慮の事故死 

arrow

 不慮の事故死の内訳

第1位  窒息  9,419人 
第2位 交通事故 7,499人 
第3位 転倒・転落 7,170人 
第4位  水死  6,464人

高齢者(65歳以上が)「窒息死」の85.7%(8,072人)を占める!

denger

 

「窒息死」の中で、高齢者(65歳以上)が85.7%をしめる。
窒息予防は、よく噛んで細かく砕いて唾液を混ぜてのみ込むことです。特に高齢者では、噛む力とのみ込む力を向上させることです。(唇、舌、顎のストレッチ運動や呼吸の練習などで、口腔機能の向上)

 

嚥下体操

enge

九州歯科大学附属病院高齢者歯科摂食機能リハビリテーション科

お知らせ