ホーム > お口の健康情報・お口の救急箱 > 歯が欠けた・折れた・抜けた

お口の健康情報・お口の救急箱一覧へ

歯が欠けた・折れた・抜けた

転んだ、階段から落ちた、何か物にぶつかったなどで歯が抜けた

対処法

もしそれが乳歯ならば心配はいりません。もし永久歯ならば、歯を乾燥させないようにして下さい歯の周りには歯根膜(歯と 骨を結んでいる組織)という組織が付着しています。この歯根膜を残すことが大切です。
抜けた歯のよい保管場所としては、乾燥させないために専用の保存液に入れるか、コップに入れた牛乳の中に歯を入れましょう。
とにかく、どこに歯を保持しようと、できるだけ早く歯科医院を受診して下さい。歯が抜けてから時間が短ければ短い程もう一度歯を戻して残せる可能性が高くなります。

 

転んだ、階段から落ちた、何か物にぶつかったなどで歯が折れた

対処法

切断面に出血があると、空気が触れただけでもかなり痛みます。感染を防ぐためにもできるだけ早く歯科医院を受診して下さい。

 

転んだ、階段から落ちた、何か物にぶつかったなどで歯が欠けた

対処法

欠けた箇所がとがっていると唇などに当たり傷つき痛みます。そのままにしておくと欠けた箇所からムシ歯になるおそれがあります。そのまま放置せずに歯科医院へ行きましょう。

 

転んだ、階段から落ちた、何か物にぶつかったなどで唇を切った

対処法

唇は毛細血管の多い場所でかなり出血します。しかし、きれいなガーゼなどで20分前後しっかり押さえつける<圧迫止血>ようにして下さい。切ったところから細菌が入って腫れることもありますので注意して下さい。
*欠けたり、折れたり、抜けたりして痛みがないからということで、そのまま放置せずにすぐに歯科医院に行きましょう。

お知らせ