ホーム > みんなのためのお口の健康豆知識 > 8020運動って?

みんなのためのお口の健康豆知識一覧へ

8020運動って?

いつまでもおいしいものを食べ続けるための元気な歯は、日々の手入れから

1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動が始まりました。楽しく充実した食生活を送り続けるためには、妊産婦を含めて生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで健康な歯を保つことが大切です。皆さまもぜひ「8020」を目指し頑張ってみましょう。

 

20本以上の歯を有する者の割合 (H.23. 厚生労働省歯科疾患実態調査より)

単位:%

年齢(歳) 昭和62年 平成5年 平成11年 平成17年 平成23年
40~44 91.8 92.9 97.1 98.0 98.7
45~49 80.9 88.1 90.0 95.0 97.1
50~54 72.6 77.9 84.3 88.9 93.0
55~59 54.9 67.5 74.6 82.3 85.7
60~64 40.1 49.9 64.9 70.3 78.4
65~69 26.8 31.4 48.8 57.1 69.6
70~74 15.2 25.5 31.9 42.4 52.3
75~79 9.4 10.0 17.5 27.1 47.6
80~84 7.0 11.7 13.0 21.1 28.9
85~ 2.8 4.5 8.3 17.0

 注)昭和62年は、80歳以上でひとつの年齢階級としている。

お知らせ