ホーム > 事業案内 > 高校生のためのマナーアップ教室

事業案内一覧へ

高校生のためのマナーアップ教室

高校を卒業すると、歯痛などの症状がない限り定期的な歯科健診受診への意識や機会が減ります。そこで歯科医師会では、とくに新社会人になる前の高校3年生を対象にしたマナーアップ教室を企画・催行しています。この企画の主な流れは以下の通りです。

  1. 高校生に歯周疾患意識調査をおこないます
  2. 自分たちで現状や問題点を把握してもらいます
  3. 今後の歯周疾患予防と、社会人としての口腔のマナーアップへの自己啓発を促します
  4. 歯科健康に関して、社会全体の意識の向上に貢献してほしいと思います。

 

チェックポイント

  • 歯をみがくと出血する
  • 親知らずがヘンに生えていないか
  • 口臭が気になる
  • 口を開ける時に顎に痛みがないか
  • 歯や歯肉の色、形に異常がないか
  • 歯と顎の大きさのバランスはとれているか

 

キーワード

  • エステティック
  • 歯周疾患
  • 味覚
  • 全身疾患
  • 口臭
  • コミュニケーションスキル
  • 喫煙

 

これまでの実施校

杵島商業高校、佐賀商業高校、鳥栖商業高校、唐津工業高校、伊万里商業高校、高志館高校

お知らせ