ホーム > 事業案内 > がん周術期歯科治療協力医制度

事業案内一覧へ

がん周術期歯科治療協力医制度

人口の高齢化とともに、日本のがんの罹患者の数、死亡者の数は今後とも増加していくことが見込まれる中、がん医療や支援について地域格差や施設間格差がみられ、それぞれの状況に応じた適切ながん医療を受けられないことが懸念されています。

 

そのような中、ガンの患者さんの手術の前後に、歯科医師による包括的な口腔機能の管理を行うことによって、術後の誤嚥性肺炎等の外科的手術後の合併症等を軽減させることを目的とした制度が作られました。
術前術後に口腔内の細菌をコントロールすることによって、術後感染症のリスクが減らせ、より生活の質の向上が図れます。
お医者さんの紹介が必要ですが、条件の合う方は健康保険が使えますのでぜひご利用ください。

お知らせ