ホーム > 沿革・組織

沿革・組織

沿革 組織

組織

県歯科医師会役員の紹介

会長 寺尾 隆治
副会長 前山 茂樹
副会長 塚本 浩樹
専務理事 門司 達也

常務理事 (会計・財務室)

浦 嘉訓
常務理事 (社会室) 松尾 繁樹
常務理事 (医療室) 林田 俊彦
理事 (財務運営部) 麻生 朋江
理事 (地域保健部) 原 秀幸
理事 (地域福祉部) 陣内 重雄
理事 (広報部) 山口 論理
理事 (経営管理部) 辻 京子
理事 (経営管理部) 古庄 龍央
理事 (医療保障部) 東島 伸氏
監事 今泉 章
監事 田中 俊夫

各地区歯科医師会会長の紹介

佐賀市歯科医師会 徳島 茂樹
神埼地区歯科医師会 江頭 秀明
三養基・鳥栖地区歯科医師会 古賀 隆利
小城・多久歯科医師会 木下 務
唐津東松浦歯科医師会 松尾 憲篤
伊万里・有田地区歯科医師会 池田 盛多

武雄・杵島地区歯科医師会

古野 宏
鹿島・藤津地区歯科医師会 古賀 正章

to-page-mame

 

業務推進組織図

業務推進組織図

to-page-mame

 

各委員会

総合対策委員会

事業

1 会運営の基本的な指針策定と総合調整

・本会が目的とする、医道の高揚、歯科医学の進歩発達及び公衆衛生の普及啓発を図り、もって社会福祉の増進に寄与するため、直面する時局諸問題を取り上げ、管轄の委員会とも連携をとりながら、総合的にプランを策定し、県民へ安心で安全な歯科医療を提供するため会として必要な措置を答申する。

2 医療紛争の防止と対策

・会員が日常の診療を安全かつ円滑に行なえるよう、医療上のトラブルを予防すると ともに事故や紛争等に対し、適切な指導、助言をする。

・会員に対して、医事粉争防止の為の情報提供をする。

3 九州各県歯科医療安全対策担当者会 当番県

・九州各県の医事関連事業、予算について意見交換を行い、事業内容の充実を図る。

4 委員会開催

・委員会を8回、歯科医療安全対策部会を12回開催する。

5 医療事故・紛争関連の研修会への参加 東京都

・医事処理・紛争関連の各種研修会に参加し、部員の事例に対する対応能力、知識の向上を図る。

委員会

委員長 塚本 浩樹
副委員長 秋山 兼範
委員 近藤 英紀
委員 西村 正信
委員 吉田 陽一

 

to-page-mame

 

財務委員会

事業

1 部会、委員会開催

・部会を4回、小委員会を8回開催する。

2 九州各県厚生担当者会 担当:福岡県

・九州各県厚生担当者会に出席し、厚生関係の事業、予算に対し、意見を交換し見聞を広め本県の厚生関係事業の充実を図る。

3 急病時等歯科医師派遣制度の充実

・急病時等歯科医師派遣制度の充実のため、協力大学と連絡や協議を行う。

4 会員の互助共済並びに福利厚生に関すること

・会員の親睦と健康管理等を推進するため厚生事業を計画する。

5 職員人事に関すること

・職員の勤務体制について、効率的で働きやすい職場づくりに努める。また雇用・労務管理に関する情報収集及び助言を求めるため、社会保険労務士との研修を行う。

6 予算及び決算に関すること

・本会に関わる全ての事業に対して、専門家の助言を仰ぎながら予算及び事業内容の検証を行う。また公益目的支出計画を確実に実施するため、新会計基準による適正な会計の運用に努める。各委員会の来年度予算及び事業内容に対して、ヒアリング前の意見書づくりを行う。

委員名

担当常務 浦 嘉訓
担当理事 麻生 朋江
委員長 柿添 晶久
副委員長 新冨 芳浩
委員 岡田 和子

 

to-page-mame

 

歯科衛生専門学校運営委員会

事業

1 学生募集のPR活動

・会員推薦募集活動のため、会員の先生方へ学生募集の周知をはかる。

2 歯科衛生専門学校運営委員会 部会 4回 委員会 8回

・学校運営・教育に関する次の事項を、教務委員会と意見交換をしながら審議する
 (1)歯科衛生士専門学校運営計画並びに収入支出予算決算について
 (2)臨床実習等病院の選定及び時期について
 (3)体験入学や学生募集について

3 学校訪問

・各高校や歯科校医と連絡を密に行い、歯科衛生士という職種や佐賀歯科衛生専門学校の周知を図り受験生の確保を行う。

・各高校を廻り、佐賀歯科衛生専門学校の周知活動を行い、学生の推薦をお願いする。

委員名

担当常務 浦 嘉訓
担当理事 麻生 朋江
委員長 森永 大作
副委員長 光武 正彦
委員 松本 一
委員 柴田 祐三
委員 行武 正昇
委員 田渕 辰信

 

to-page-mame

 

地域保健委員会

事業

地域歯科保健活動を通じ、県民の歯と口の健康づくりに貢献する。佐賀県や市町、行政との連携により、「食育」とともに県歯科保健計画を遂行する。

 

1 8020運動推進

・県行政や各市町と共に、歯と口の健康づくりのための正しい知識を広く県民に普及啓発し、8020運動の推進を図る。

・JA佐賀と新たに連携を構築する。

2 母子歯科保健対策

・県行政や市町と共に、乳幼児・幼児とその母親の口腔衛生に関する知識を広く普及啓発し母子歯科保健を推進する。

3 学校歯科保健対策

・県行政や市町の教育委員会、学校保健会、学校歯科医会と連携し、児童生徒の歯科保健を推進する。

・学校歯科医会委員会との連携のもとで、フッ化物洗口事業を推進する。

4 離島及びへき地歯科保健対策事業

・離島住民及びへき地等住民の口腔の健康の保持増進を図る。

5 諸会議等への参加

・地域歯科保健関連の諸会議等に積極的に参加し、意見の交換、情報の収集、指導助言に努める。

6 委員会の開催

・各地区への情報提供の確認、事業遂行の打合せ、資料作成等のため、部会を6回、小部会を5回開催する。

7 学会、研修会の開催と協力

・歯科保健研修会、日本歯科医師会生涯研修セミナー等の学術大会開催への協力。

委員名

担当常務 松尾 繁樹
担当理事 原 秀幸
委員長 宮原 昭
副委員長 沖 宜親
委員 古川 直樹
委員 古賀 真
委員 舛元 康浩

 

to-page-mame

 

成人産業保健委員会

事業

地域歯科保健活動を通じ、成人の歯と口の健康づくりに貢献する。県行政や市町及び各事業所と連携し、成人歯周疾患健診を拡充させることにより、口腔の健康の保持増進を図る。

 

1 8020運動推進

・県行政や各市町と共に、歯と口の健康づくりのための正しい知識を広く県民に普及啓発し、8020運動の推進を図る。

2 市町成人歯科保健対策

・市町における成人の口腔衛生の普及啓発を図ることにより、成人歯科保健を推進する。

3 産業歯科保健対策

・労働局、労働基準協会、健康保険組合連合会等と連携し、事業所健診の拡充及び健診後の受診率向上を図る。

・事業所健診後の受診率の割合を調査し、潜在需要をより顕在化する。

4 諸会議等への参加

・成人産業保健関連の諸会議等に積極的に参加し、意見の交換、情報の収集、指導助言に努める。

5 委員会の開催

・各地区への情報提供の確認、事業遂行の打合せ、資料作成等のため、部会を6回、小部会を5回開催する。

6 学会、研修会の開催と協力

・歯科保健研修会、日本歯科医師会生涯研修セミナー等の学術大会開催への協力。

委員名

担当常務 松尾 繁樹
担当理事 原 秀幸
委員長 一瀬 暢宏
副委員長 尾鷲 俊行
委員 藤原 和由
委員 泉福 浩志
委員 中尾 弘志

 

to-page-mame

 

地域福祉委員会

事業

地域における高齢者、要介護者、障がい者、難病者、有病者(がん患者等)に対する、口腔に関する健康の保持増進を図り地域の保健福祉に貢献する。

 

1 8020運動推進

・県や市町行政、多職団体等と連携し、口腔衛生に関する正しい知識を広く県民に普及啓発し、8020運動の推進を図る。

2 高齢者歯科保健対策

・県や市町行政、多職団体等と連携し、高齢者の口腔衛生に関する対策を検討し、また普及啓発し、老人の歯科保健を推進する。

3 要介護者歯科保健対策

・介護予防・介護保険・訪問診療に関する対策を検討し、また、普及啓発し、要介護者の 歯科保健を推進する。

4 障がい者歯科保健対策

・県や市町行政、多職団体等と連携し、障がい者の口腔衛生に関する対策を検討し、また、普及啓発し、障がい者の歯科保健を推進する。

・佐賀県障害者歯科保健地域協力医制度の推進

5 諸会議への参加

・諸会議、外部審議会等に出席し意見の交換、情報の収集に努める。

6 委員会の開催

・委員会を11回開催する。

・小委員会を3回開催する。

委員名

担当常務 松尾 繁樹
理事 陣内 重雄
委員長 江口 隆郎
副委員長 田代 剛
委員 木下 拓郎
委員 深谷 拓司
委員 藤田 寛
委員 山野 貴弘
委員 松尾 謙一郎
委員 船津 光弘

 

to-page-mame

 

対外情報委員会

事業

歯科医師会の歯科保健活動を広報の側面より支援し、県民への歯科に対する理解を深めさせ、歯科QOLの向上を目指す。ホームページを一新し、会員への情報伝達及び広く県民への情報発信を充実させる。

 

1 対外PR活動

・NBCラジオ佐賀、STSサガテレビ、NHK、佐賀新聞、STSエンタープライズ、Sプロジェクト、佐賀新聞サービス等と折衝し、対外PRについての会議を開催し、番組や記事の企画立案の実施。

・佐賀県等の公共機関と連携をとり、県歯ロゴマークやよ坊さんバッジを活用し県民等への対外PRを推進する。

・佐賀県編集十日会への原稿掲載等の依頼。

・マスメディアに対する会員の出演、執筆等の依頼。

・現場の記者等との意見交換会の充実。

2 ネットワークの構築

・対外サイトを用いての県民への情報発信。

・Web会議のための公衆無線LANを利用したネットワークの構築。<

・会員サイトを用いての各委員会報告等の掲載による情報伝達。

・県民や会員からの意見の徴集とその反映。

3 会議参加

・全国都道府県広報担当者会参加。(東京)

・九州各県広報担当者会開催。(沖縄)

・諸会議に出席し意見の交換、情報の収集に努める。

4 委員会開催

・全国都道府県広報担当者会参加。(東京)

・九州各県広報担当者会参加。(鹿児島)

5 委員会開催

・委員会1回開催(報道機関との会議含む)

・部会 6回開催(原則として部会開催時に委員会も開催)

・Web会議による部会を年数回開催

委員名

担当常務 松尾 繁樹
担当理事 山口 論理
委員長 小栁 進祐
副委員長 森寺 邦夫
委員 落合 崇規
委員 中富 裕一郎

 

to-page-mame

 

会員情報委員会

事業

佐歯会報を通じて、佐賀県歯科医師会会員に対して有益な情報を迅速かつ的確に伝達する。会と会員及び会員相互のコミュニケーションの場を提供する。

1 佐歯会報発行

・会報の内容の企画立案、原稿整理、校正。

・理事会、地区会長会、代議員会のモニターを行い、その協議内容を会報に掲載。

・佐歯会報の創刊号から現在までの整理・データ収集。

・会報の電子化と、ホームページへの掲載や電子配信を推進する。

・佐歯会報を年間6回発行する。

2 会員へのメール配信の充実

・パソコン、携帯電話へのメール配信の充実。

3 会議参加

・九州歯科医学大会取材。(宮崎)

・諸会議に出席し意見の交換、情報の収集に努める。

4 委員会開催

・会員情報委員会 部会 6回開催、小委員会6回開催

委員名

担当常務 松尾 繁樹
担当理事 山口 論理
委員長 隅 康二
副委員長 岡 義久
委員 遠山 聖
委員 船津 裕一
委員 中西 美穂

 

to-page-mame

 

医療管理学術委員会

事業

1 医業経営の安定と促進

・医院経営の実態を分析し、経営、税務に関する情報を整備、研究

・効率性のある安定した医院経営の促進のための経営・税務に関する情報収集と提供

2 労務管理関連

・雇用、労務管理に関する情報収集及び資料作成

3 医療管理全般への対策

・医療廃棄物などの処理、院内感染予防対策のための情報収集及び対応

・保健福祉事務所の立入検査に関する情報収集及び対策

・現状に即した医事対策・医療安全対策

・抄録、手引書等の編集

4 学術研修の推進

・視聴覚研修教材の整備。

・歯科医学情報の充実及び会員への情報提供。

・スポーツ歯学の啓発及び推進。

5 救命救急(BLS)の普及推進

・各地区歯科医師会における救急救命(BLS)普及の援助

6 研修会の開催

・新入会員オリエンテーション

・日歯歯科医療関係者感染症予防講習会

・各地区税務研修会への助成

7 諸会議への参加

・九州各県医療管理担当者会(大分10/4)

・九州各県学術担当者会(宮崎10/4)

・福岡国税局管内税務指導者協議会(長崎)

・日本スポーツ・健康づくり歯学連絡協議会(和歌山)

・日歯生涯研修セミナー合同打合会及び都道府県学術担当理事連絡協議会

・都道府県医療管理担当理事連絡協議会(東京)

8 委員会開催

・委員会8回開催

・小委員会5回開催

委員名

担当常務 林田 俊彦
担当理事 辻 京子
担当理事 古庄 龍央
委員長 北村 泰之
副委員長 平山 輝久
委員 立川 義博
委員 酒井 利雄
委員 秀島 重典
委員 竹島 英顕
委員 家永 健次
委員 江口 譲治
委員 日髙 丈博

 

to-page-mame

 

医療保険委員会

事業

1 医療保障に関する情報の伝達

・県民の公平で公正な歯科医療の確保のために、諸通達事項・疑義解釈等の歯科医療保険に関する情報の変化に対応し分析検討を加え、迅速かつ正確に会員へ伝達し、依ってその周知徹底を図る。

2 保険指導への参与

・関係官庁が実施する保険指導、新規開業者の集団、個別指導等に参与して保険診療の適正を図り、会員研修等を通じて保険診療取扱いの向上を図る。

3 協議会等の開催及び参加

・日歯の社保担当者会等に参加してその成果を反映、また関係諸官庁、諸団体並びに両審査委員会との協議会を開催し、保険医療の向上及び取扱事務の推進円滑化を図る。

4 九州各県担当者会議への出席

・九州各県の社保関連事業・予算等について意見・情報交換を行い、事業内容の充実を図る。

5 説明会の開催

・会員へ具体的に情報伝達及び周知徹底を図るため説明会を開催する。

6 委員会開催

・委員会を12回、小委員会を11回、それぞれ開催する。また緊急を要する事態があるときは、委員会を開催することがある。

委員名

担当常務 林田 俊彦
担当理事 東島 伸氏
委員長 鈴木 由郎
副委員長 武部 祥宗
委員 小林 善郎
委員 木村 欣史
委員 山﨑 克彦
委員 池田 周平
委員 峰松 慶太
委員 藤瀬 恭平
委員 高瀬 亮三

 

to-page-mame

 

お知らせ