ホーム > お口の健康情報・お口の救急箱 > 歯ぐきから血が出る

お口の健康情報・お口の救急箱一覧へ

歯ぐきから血が出る

あなたの歯ぐきは様々なときに出血します。

 

歯磨きまたは糸ようじをするとき

歯磨きまたは糸ようじをするときに歯ぐきから出血することは、正常なことではありません。(もし最近歯磨きや糸ようじを始めたのでなければ別です)もし出血が続くようであれば、歯肉炎(初期の歯ぐきの病気)または歯周病(歯ぐきと歯を支えている周りの組織の病気)の可能性があります。
*先ず歯科医または歯科衛生士に相談しましょう。

 

食べているときの出血

あなたがものを食べているとき歯ぐきから出血することは異常です。
出血は、歯肉炎(初期の歯ぐきの病気)や、歯周病(より進行した歯ぐきの病気で、放っておくと歯を支えている周りの骨を失ってしまう病気)の兆候と言えます。
*すぐに歯科医か歯科衛生士に見せて下さい。

 

歯ぐきの歯の根に近い部分からの出血

感染により歯の根の先に膿(うみ)がたまることがあり、歯を支えている周りの骨に穴をあけてしまうまでにいたることがあります。
また、歯ぐきの表面下に膿が溜まり、出血をもたらす場合もあります。よくブクブクうがいをして、口腔内を清潔にしてください。そして痛みがなくても歯科医院に行ったほうが良いでしょう。

 

抜歯の後

抜歯の治療を受けた後、数日は患部から血が出ることがありますが、じわじわ出血が続いているようならば自分でまず止血をしてみましょう。

止血法

出血を抑える為に、抜いた歯の部分に清潔なガーゼを置き、痛いでしょうが15分程度しっかり噛んでください。ティーパック(お茶の成分が出血を抑えます)を噛んでもいいですが噛みにくい場合もあります。止まり方が悪ければ後15分また噛みましょう。
それでも出血がひどい場合はかかりつけの歯医者に相談して下さい。

お知らせ