ホーム > お口の健康情報・お口の救急箱 > 噛むと痛い

お口の健康情報・お口の救急箱一覧へ

噛むと痛い

歯根膜炎

歯髄炎(神経の炎症)がさらに進行した状態、もしくは神経を取った歯の根の先に炎症が生じた状態で多くの場合、噛みあわせなくてもズキズキとした拍動性の痛みが出現します。

対処法

鎮痛剤を服用するか、冷やして痛みが和らぐようであれば冷やして下さい。

 

歯周病

歯を支えている周りの組織(歯ぐき、骨、歯と骨を結んでいる組織)が、細菌感染により炎症を起こした状態です。急性期でない限り、噛んだ時にのみ痛む場合が多いようです。

対処法

痛む歯があたらない状態で噛みあわせ、できるだけ早く歯科医院で治療を受けて下さい。

 

治療後

冠や詰め物が高い時に、噛むと痛いことがあります。

対処法

強くかんだりして刺激を加えないようにして、歯科医院で高さの調整をしてもらって下さい。
*いずれの場合も放っておくと痛みが大きくなりますので、なるべく早く歯科医院に行った方が良いと思います。

お知らせ