ホーム > 学校歯科健診 > 歯が抜けてしまった場合の応急処置

学校歯科健診一覧へ

歯が抜けてしまった場合の応急処置

抜けた歯は捨てない

歯が床、地面に落ちたら水道水でよく洗う

ただし数秒間、軽く汚れを落とす程度にする(できるだけ根の部分は触らない)

 

歯は乾燥しないようにする

抜けた歯は乾燥に弱く30分ぐらいしか生きていません。 なるべく早く、下記の処置を行って下さい。

歯を元の位置に戻してみる

(戻せない場合は、ほっぺの内側に入れ保存。但し飲み込まないように注意)

歯を冷たい牛乳につける

(または生理食塩水につける。低脂肪乳やロングライフミルクはダメ)

湿った布等でくるむ

(上記二つの処置ができない場合)

 

下

 

処置方法

 

出血がひどい場合はガーゼ、綿花などを噛む

お知らせ